キャッシングのオテホン

キャッシングを使うときはある程度の覚悟が必要

消費者金融のイメージも最近では、随分と様変わりしています。昔はサラ金からお金を借りて、返済できないと取り立てが厳しすぎて勤め先にまで押しかけられた、という人も少なくありませんでした。メディアでも取りざたされていたので、ご存じの方も多くいらっしゃることでしょう。

 

今ではそんなこともなくなりましたが、このような悪いイメージが強いために、消費者金融の利用を躊躇する人も少なくありません。ですが、1つ言えるのは今も昔もキャッシングを便利に使えていた人はいたということです。相手がヤミ金じゃない限り、きっちり返済をすればなんのトラブルも起きませんし、理不尽なことを言ってくることはありません。

 

消費者金融といえど、商売でやっており、利息をしっかり徴収できれば満足します。乱暴な取立てに問題がないとは言いませんが、取立てが乱暴だと恐れる前に、自分がきっちり返済できるかどうかを先に心配しなければいけません。利息はおろか、元金も返済しないでは消費者金融の立場がありません。

 

そんな消費者金融も今では返済をしなくても乱暴なことをしてきません。これに甘えてはいけませんが、キャッシングが使いやすい時代になったということは間違いないでしょう。

 

とはいえ、キャッシングで返済をしなかったときのマイナス点は恐い取立てだけではありません。一番恐いのはその記録が残ってしまうことです。延滞した記録が残れば、今後様々な面で不自由にな思いをする可能性があります。契約できたはずのものが契約できなかったり、買えたはずのものが買えなくなったり。ましてや自己破産をすれば自分の財産はおろか、仕事を続けられる保障もありません。このようにキャッシングをいい加減に使うことで人生が転落することも充分にある話です。このようなケースが日常茶飯事だとは言いませんが、それだけの危険性があるものだと胸に刻んでおく必要はありそうです。

 

借りたいと思ったときは、目的をはっきりさせてからにしましょう。絶対に返せるという自信がない限り、利用してはいけないものだと心掛けておきましょう。また、もし利用するのであれば、少しでも金利の低い消費者金融を探すことが重要になってきます。借金生活から抜け出せない大方の理由は金利にあります。金利が高ければそれだけ返済は困難になっていくのです。たった1%の金利差でも長い目で見れば大きな損失に繋がりかねません。

 

 

返済に遅れたら

 

借り入れをする場合、借入金が返済能力以上にならないように、予防することが基本です。

 

しかし、万が一返済できない状況に陥った場合には、すみやかに消費者金融へ連絡することが第一です。たとえば、返済日を変更してもらう、毎月の返済金を減らしてもらうなど、対策を講じなければなりません。

 

ただし、返済金を減らす場合は、返済期間が延びることを忘れてはいけません。結果的に利息も増えますし、正直言って良いことなんて何一つありません。しかし延滞するデメリットを考えればそうする他無いでしょう。例えば、代表的なのが遅延損害金。返済日を過ぎても入金が無い場合は、通常よりも多くの金利が加算されてしまうのです。たださえ返済が困難な状況に拍車をかけることになるので更に状況が悪化することは実に明白です。しかしルールを破ればペナルティーがある。これは避け様のないことなのです。

 

返済日は、給料日や給料日の数日後に設定することで、支払いできない可能性を減らすのも一つの工夫です。消費者金融によっては、30日サイクル、35日サイクルといった方法で受け付けているところもあるので、自分の生活スタイルにあった支払方法を選んでみましょう。

 

余裕があるときは、ちょっとしたまとまったお金でも返済することがキャッシング運用のコツです。設定された最低額以上の入金をすればその時点でその月の支払いはカウントされ、次の返済期日まで余裕ができます。返済期日にばかり返済するのではなく、自分に余裕があるときに返済することが重要です。